余ってたボードに。
背中合わせで。




お蔵出し。
鉛筆画にCG着色もご覧の通り飽きたらしい。




タバコ系女子。




マンボウだってキレる。
自画像検討中。




いよいよ修練どころか茶を濁そうかというレベル。
100%趣味、自分用に作った『ウサビッチ』で携帯待受画像。
キレた瞬間のキレネンコには拙者、何故か親近感を感じてしまう。
そしてプーチンの日々恐怖体験に脅える姿には共感してしまう。

だけども御両兎共に、やっぱ超人もとい『超兎』だよなぁ。





修練も何もHi-tecコレト多色落書き。
落書きでもアマゾンのマスクの形が難しくて、アタリをとり直したり描き直しまくった痕跡多数。
技量バレバレの落書きにすらCG加工背景を加えるこの貧乏性





『アバタール・チューナー2』よりロアルド氏。
新タブレットとPhotoshop Elements4の修練に描いたもの。
このポーズに心当たりがある方はゲーム中
度々銃弾をまとめて敵にブチ込む戦い方をしていたのでは?(^^;)





このオリジナルキャラクター、随分久し振りに描いてみました。
長髪の修練に...い〜や、やっぱり長髪はまだまだ難しいな。




2009年初描き絵。
2008年末から2ヶ月に渡ってやりこんでしまったPS2『DDSアバタール・チューナー』より
見た目とは裏腹に熱い男、ゲイルさん。